HOME>トピックス>水回りでトラブルが発生したらよく状況を確認しよう

目次

自分で解消するときは状況をよく確認

排水つまりを解消するときに注意が必要なのが、安易に修理をしないことです。つまりはすぐにでも解消したいものですが、安易に解消しようとして、さらに悪化させることがあります。まず考えてほしいのが、なぜつまりが発生したかです。通常、流さないモノを流してしまった時には、配管の奥でつまっている可能性があります。この場合では、自分で解消しようとせずに、すみやかに業者依頼をすることが大切です。ただ、キッチンを長年使っていたことで、汚れによって配管が狭くなっている、トイレでは汚物やトイレットペーパーがいつもより多かったというケースでは、自分で修理が可能です。自分でつまりを解消する際は、つまりの状況をよく把握してから対応することが大切です。

水に溶けないモノをなら迷わず業者依頼

トイレの排水つまりは、ラバーカップを使った解消法が一般的ですが、水に溶けないものなどが原因でつまったときは、迷わず業者に連絡をすることをオススメします。ラバーカップなどでの解消法は、水圧によってつまりを解消する方法です。つまりが、水に溶けないようなモノが原因の時は、無理に流すことで便器の先の排水管でつまり、大規模な修理が必要になるケースもあるので注意が必要です。

集合住宅は管理会社は家主に連絡する

集合住宅でも排水つまりが発生することもあります。この時の連絡は、修理業者か管理会社かで迷う人もいるかもしれません。重大な過失がない限りは、修理費を請求されることはないでしょう。そのため、排水つまりが発生した時には、遠慮なく管理会社や家主に連絡をすることをオススメします。そのまま放置したことで、状況が悪化して、階下へも影響を与えれば、大きな修理費を請求される可能性もあります。

広告募集中